カテゴリー別アーカイブ: 印刷

PDF 出力

 ※v8.0からサポートされました。

print-graphic-pdf APIにより、 Graphic をPDFを出力できるようになりました。

PDF出力機能は印刷機能の拡張として実装されております。
 

{let pf:#PDFPrintRootFrame}
{let rect1:Graphic={Fill width=1in, height=1in, background=“red”}}

{CommandButton label=“export to PDF file”,
    {on Action do
        {let file-url:#Url =
            {choose-file
                style=FileDialogStyle.save-as,
                title=“Select a File, to export PDF”
            }
        }
        {if-non-null file-url then
            set pf = {print-graphic-pdf
                          rect1,     ||出力対象のグラフィック
                          file-url    ||保存先ファイルパス
                     }
        }
    }
}

print-graphic-pdf の引数は多数ありますが、最低は出力対象のgraphicとPDFファイルを保存するためのパスだけです。


請求書を出力するサンプル:http://developers.curlap.com/curl/v8/pdf/mypdf/start.curl

 

印刷機能の強化

※v8.0からサポートされました。

印刷用APIに新しい印刷設定のサポートが追加されました。
印刷時にプリンタに対してきめ細かな指示を発行することができます。

Printクラスには次のクラスプロシージャが追加されています。

||給紙方法(用紙トレイ)のリストをPrintMediaSource型の配列で返します。
Printer.get-media-source
||カラー印刷をサポートしているかを返します。
Printer.get-color?
||部単位での印刷をサポートしているかを返します。
Printer.get-collate?
||両面印刷をサポートしているかを返します。
Printer.get-duplex?

print-graphicプロシージャはこれらの情報を受け取ることができるように以下の引数が追加されています。

||トレイ選択ができるプリンタでは、用紙トレイを選択できます。
media-source
||カラー/モノクロを選択指定できます。
color
||部単位印刷を指定できます。
collate
||両面印刷を指定できます。
duplex

media-sourceには
get-media-sourceプロシージャが返す
PrintMediaSourceオブジェクトのいずれかを
指定することができます。

color、collateはPrintSettingBool列挙型の
以下の三つの値をとります。

||trueに設定。
PrintSettingBool.yes
||falseに設定。
PrintSettingBool.no
||未指定、もしくは規定値に設定。
PrintSettingBool.default

duplexに関してはPrintDuplex列挙型の以下の四つの値をとります。

||両面印刷を無効にします。
PrintDuplex.simplex
||短辺とじで両面印刷を行います。
PrintDuplex.short-edge
||長辺とじで両面印刷を行います。
PrintDuplex.long-edge
||プリンタの既定に合わせた両面印刷を行います。
PrintDuplex.default

PCにインストールされているプリンタでこれらの属性を選択して印刷するサンプル

http://developers.curlap.com/curl/v8/printgraphic/sample.curl

印刷

印刷用APIを使用することによってユーザーがプリンタの選択や、印刷設定を行えるアプレットを作成できます。

以下に、ボタンを押下すると四角形を印刷する簡単なサンプルソースをご紹介します。

{curl 6.0 applet}
{curl-file-attributes character-encoding = “shift-jis”}
{applet manifest = “manifest.mcurl”,                                                 
   {compiler-directives careful? = true}                                       
}
{let pf:#PrintRootFrame}                                                                
{let rect:Graphic={Fill width=1in, height=1in, background=”lime”}} 
{CommandButton label=”test printing”,                                            
    {on Action do                                                                       
      set pf = {print-graphic rect}                                           
    }
}  

印刷には、print-graphicプロシージャを使用します。
Curlグラフィックをプリンタに送信するためのPrintRootFrameを使用して、印刷したいGraphicを設定します。
既定では、日付とページ番号がページの下部に印刷されます。この設定を変更するには、下記のようにPrintRootFrameを設定する際、print-date?とprint-page-numbers?をfalseに設定します。

set pf = {print-graphic rect,
                          print-date?=false,
                          print-page-numbers?=false
        }

 

 

 

関連ヘルプドキュメント

Curl開発者ガイド→グラフィカルユーザーインターフェイス→印刷