カテゴリー別アーカイブ: 開発便利機能

便利ショートカットキー一覧

Curl IDEには開発効率を向上させるための様々なショートカットキーがあります。

代表的なものを抜粋しましたのでご紹介します。

ショートカットキー一覧表(抜粋)

キー

操作概要
F1

ヘルプが起動します

クラス名、メソッド名を選択した状態で押すと該当するAPIリファレンスを表示します

F5

プロジェクトの起動ファイルを実行します

Ctrl + F5は選択しているアプレットを実行します

Shift + F5は新規ウィンドウで実行します

F8

カーソル行をコメントアウトします

Shift + F8を押すとコメントアウトを解除します

F12(クラス名、メソッド名などを選択)

クラス、メソッド名などの定義箇所に移動します
Ctrl + B カーソル位置のブロック全体を選択します
Ctrl + J 「指定行に移動」ダイアログを表示します
Ctrl + Space オートコンプリートのリストを表示します
Ctrl + I 開いているファイルの前方検索を行います
Ctrl + Shift + I 開いているファイルの後方検索を行います
Ctrl + F 検索ダイアログを表示します
Ctrl + H 検索・置換ダイアログを表示します
Ctrl + Page Up エディタのタブを一つ左に移動します
Ctrl + Page Down エディタのタブを一つ右に移動します
Alt + 左向き矢印

テキスト内の場合は、前の単語に移動します

テキスト外の場合は前の開いているCurlブラケットに移動します

いずれの場合にも、カーソルはCurlブロックの中にあります

Alt + 右向き矢印

テキスト内の場合は、次の単語に移動します

テキスト外の場合は次の開いているCurlブラケットに移動します

いずれの場合にも、カーソルはCurlブロックの中にあります

Alt + 上向き矢印

現在のブロックの先頭に移動します

ブロック外の場合、ファイルの先頭に移動します

Alt + 下向き矢印

現在のブロックの末尾に移動します

ブロック外の場合、ファイルの末尾に移動します

 この他にも多数ショートカットキーがありますので、是非探してみてください。

下記のリンクも参考になりますのでご参照下さい。

関連ヘルプドキュメント

Curl IDEのメニューについて
Curl IDE ユーザーガイド-Curl統合開発環境(IDE)のイントロダクション-IDEのメニュー

 エディタでの編集について
Curl IDE ユーザーガイド-Curl言語ソースの編集

 

 

 

エディタに行数を表示する

Curl IDE 6.0からエディタに行数を表示する機能が追加されました。

初期設定では表示されていませんので、設定手順をご紹介します。

1.メニューから「編集(E)」→「ユーザー設定(N)」を選択します。

editor001.jpg

2.「ユーザー設定」ダイアログの「全般」タブを開き、「行数を表示(n)」という項目を選択します。

editor002.jpg

3.以下の様に、エディタ左端に行数が表示されていることが確認できます。

editor003.jpg