WSDK(Web Service Development Kit)のインストール

WSDK(Web Service Development Kit)とは、Webサービスを利用したアプリケーションをCurlで開発する為に有用なAPIがまとめられた拡張コンポーネントです。

WSDKのAPI及び機能の一覧

 ・XDM(XML Document Model:XMLのドキュメントを、その構造を保った形でCurlオブジェクト化したもの)
 ・Webサービス接続用API(SOAP通信)
 ・WSDL(Curlモジュールへのコンバージョン)
 ・XHTML/CSS解析API
 ・RSS解析用API

WSDKを使用する手順は以下の通りです。

ダウンロード

 1.ここからWSDKをダウンロードする。
 2.ダウンロードしたファイルを解凍する。

ドキュメントのインストール

 1.IDEを起動する。
 2.IDEのメニューから、「ヘルプ」→「ドキュメンテーションのインストール」を選択する。
wsdk-install04.jpeg

 

  3.以下の画面にて「インストール」ボタンを押下し、解凍したディレクトリ配下のdocs-install\WSDKにあるmanifest.mcurlを選択する。
wsdk-install05.jpeg

 

 4.パッケージ名が表示されたらインストール終了。
wsdk-install07.jpeg

 

 5.ヘルプドキュメントに表示される。
wsdk-install08.jpeg

 

WSDKプロジェクトの作成

 1.IDEを起動し、プロジェクトを開く。
 2.IDEのメニューから、「プロジェクト」→「デリゲート先の追加」を選択する。
wsdk-install01.jpeg

 

 3.以下の画面にて、解凍したディレクトリ配下のwsdk-source/lib/WSDKにあるmanifest.mcurlを選択する。
wsdk-install02.jpeg

 

 4.プロジェクトに追加されるとパッケージが表示される。
wsdk-install03.jpeg

 

これで、WSDKを利用可能となります。